Tゾーン洗顔ブラシ
 
Tゾーンや小鼻まわりを集中的に洗浄!

Tゾーンや小鼻まわりのアブラを集中的に撃退したい方に!

すっかり暑くなって、もう夏本番!ベタベタ・ギラギラTゾーンのアブラを撃退しておきましょう~。

使い続けると毛穴に詰まった黒いプツプツも少しずつ目立たなくなりますよ!

「毛穴の黒ずみが解消した!」というご報告多数の人気商品です。

 

 
豊かな泡と先細毛先で洗う筆洗顔
E-25

この洗顔ブラシ、見た目はばっさりカットしたように見える穂先ですが、実はまっすぐに毛先を揃えただけで穂先はカットしていないんです。先細りの毛先が毛穴の汚れや皮脂をやさしく取り除いてくれます。

お気に入りの洗顔料(せっけん)を泡立ててからTゾーンを中心にアブラ浮きや毛穴の気になるところをやさしくくるくると撫でるように洗って下さい。
強く押さえないで、毛先だけを使って洗うのがコツ!

豊かな泡と先細りの毛先でスッキリ洗い上がるのが筆洗顔の魅力!気持ちの良いマッサージ効果も得られます。

洗顔後は一皮むけたような透明感のある白肌に!

女性はもちろん、男性にも超オススメ。

ハンドルは水洗いに強いアクリル製。使用後は水気を切って写真のように吊り下げて乾かして下さい。

 
オシャレでシックなブロンズ金具と透明スモークハンドル

皮脂分泌の多いTゾーン専用にしっかり洗浄できる馬毛を採用。
馬毛は毛先が細く、まっすぐでコシがあり、Tゾーンや小鼻まわりの皮脂テカ撃退と毛穴の汚れをスッキリ落とすのに最適です。 山羊毛の洗顔ブラシではTゾーンにはちょっと物足りないという方にオススメ!

新色ピンクの穂先は明るい茶色で、ブラウン金具の穂先はこげ茶色です。

E-25
 
<ご注意>
※アクリルハンドルは手染めのため、個体によっては染めムラのあるものがありますが、不良ではありません。予めご了承下さい。
※穂先を切り揃えず、自然のままの毛先をいかした手作り品のため、穂先のカタチに若干のバラツキがございますが、どうかご了承下さい。
 
 
Tゾーン専用洗顔ブラシ 馬毛100% (各部詳細)
E-25 E-25 E-25
肌にやさしい先細りの毛先。 通常サイズのノーマル洗顔ブラシ・E-24(右)との大きさ比較。 透明アクリルに手染めで色をつけました。
仕 様
◆原毛:馬毛100% (軸色:ブラウン=穂先色:こげ茶/軸色:ピンク=穂先色:茶色)   ◆軸の材質:アクリル樹脂 /金具部分:アルミ
◆軸色:ブラウン・ピンク    ◆全長:約12cm   ◆毛丈:約2cm   ◆原産:日本製(広島県熊野町産)
 

【熊野筆メイクブラシ】 熊野筆 Tゾーン専用洗顔ブラシ(馬毛100%) E-25

価格: ¥2,376 (税込)
[ポイント還元 119ポイント~]
色:
数量:
twitter

E-25    
 
 
ご使用方法
洗顔ブラシ  

ブラシを塗らしてから洗顔料を取り、手のひらでしっかり泡立てます。

固形石鹸の場合はせっけんの上で直接泡立ててください。

そして、あらかじめお水やお湯でぬらしておいたお顔にのせて、毛先だけを使って小刻みに動かして、Tゾーンを中心に気になる部分を洗って下さい。

こうすると、毛先が毛穴に入って汚れを掻き出し、さっぱり洗い上がります。

毛穴が気になる方は、毛穴が開きやすい入浴中のご使用が効果的。

すすぎは手を使って洗顔料が残らないようしっかりとお顔をすすいで下さい。(お肌のためにはすすぎはとても重要です)

洗顔後はすぐに化粧水や乳液などでしっかり保湿してください。

※まぶたや目の下など皮膚の薄いデリケートな部分にはご使用にならないで下さい。

 
ご使用上の注意
●使い始めは1日一回のブラシ洗顔から始め、赤くなったり、刺激が強いように感じた場合は使用頻度を少なくするなど調節してください。
●こすりすぎるとお肌が赤くなったりしますので、同じところを何度もこすったり、強くこすりすぎないように充分お気を付け下さい。
●お肌が刺激に弱い方や、お肌の調子がよくない方はご使用をお控え下さい。
●洗顔料はなるべく刺激の少ないものをお使い下さい。できれば、いつもご使用になっていてかぶれたりしたことのないものをおすすめいたします。
●天然毛使用のため、使い始めや水に塗らした時に動物臭がする場合があります。予めご了承下さい。お使いになるうちに臭いは減っていきます。
 
 
ブラシのお手入れ方法

穂先についた洗顔料をきれいな水で洗い流し、穂先の根本から毛先に向かってしっかり絞って水気を切ります。風通しの良い場所で穂先を下にして陰干しします。(ハンドルにひもがついていますので吊り下げていただくのが一番簡単です)

ハンドルを持って穂先をを振って金具の中の水気を飛ばすと早く乾きます。(右の写真→)

穂先は天然毛です。洗顔料により油分が抜けてパサツキが気になってきたらブラシをすすいだあとに、リンス代わりに椿油を数滴たらした水にくぐらせてから乾燥させるとしっとりします。

そして、たまには2~3日間しっかり乾燥させてブラシも休ませてあげて下さい。

乾かさずにせっけんがついた状態で塗れたままにしておくと、金具内部にカビが発生し、毛切れ・抜け毛ををおこし、使えなくなってしまいます。

何より衛生面で問題が生じるので放置しないようご注意下さい。

  洗顔ブラシ
 
ブラシの寿命について
毛先はお使いになるうちに摩耗してきます。
水に濡らすので、ハウダー用などの通常のメイクブラシよりは寿命は短いです。 ご使用状況により寿命は一概には申し上げられませんが、刺激を感じるようになってきたり、風合いが明らかに変わってきたらお取り替え時期です。
 
 
 

筆司の手作り
熊野の筆職人さん手作りの逸品
この洗顔ブラシも他のコスメ堂メイクブラシのラインナップ同様、熊野の筆作りの達人、「筆司」と呼ばれる筆職人さんが、穂先をカットしない伝統の技術で1本1本手作りしたものです。

大量生産品とは違う手作りならではの暖かみを感じるメイクブラシをぜひ一度お試し下さい。


 
コスメ堂のメイクブラシ

熊野筆メイクブラシ専門店【匠の化粧筆コスメ堂】のメイクブラシは、筆の里、熊野の筆職人さんが伝統の技法で1本1本手作りした逸品ばかりです。毛先をカットしない手作りならではの肌触りを是非一度お試し下さい。

 

関連商品

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日

ご注文はインターネット上で24時間・365日受付しております。
日曜・祝日、及び休業日は、商品の発送もお休みさせていただいています。

モバイルサイト
メルマガ登録

ページトップへ