メイクブラシのお話

メイクブラシのお手入れ方法

メイクブラシのお手入れ方法
メイクブラシのお手入れ方法
毎日のお手入れについて
使用後、手の甲や腕などで軽くはたいて下さい。

色残りが気になる時はティッシュで軽くふき取ってください。(写真1)
使用後、手の甲や腕などで軽くはたいて下さい。
水洗いはなるべく避けて
毎回こうして丁寧にお使いいただければ、水洗いの必要は特にございません。水洗いした場合、中の方の毛や金具の中がなかなか乾きにくく、全部乾いたように見えても湿り気が残りやすいので、その水分や、中で毛を接着している糊の成分を栄養にしてバクテリアが発生しやすく、毛切れや抜け毛の原因となりますのでできるだけ水洗いは避けていただいた方が良いです。
クシかけはマメに
フェイスブラシやチークブラシなど大きめのブラシは、マメにクシをおかけ下さるとより一層長持ちします。

普通~粗めのコームで根本から毛先に向かって梳かして下さい。

その際にいきなりブラシの根元から梳かすと毛が切れますので、先端から徐々にほぐしてください。(写真2~3)

こうしてクシをかけていただくと、穂先の中に入り込んだ化粧品や汚れが掻き出されてキレイになります。

クシかけはマメに
パウダーで洗浄
パウダーで洗浄汚れがひどくなってきた時は、ベビーパウダーやフェイスパウダー(コーンスターチ等でも可)で洗浄してください。

ビニール袋に上記のパウダーを入れ、その中にブラシの穂先を入れ、袋口をしっかり押さえ、袋の中でブラシを泳がせて粉を穂先になじませます。

穂先にのこっていたチークなどがパウダーに移り、ブラシが綺麗になります。

パウダーにチークなどの汚れが移ってきたら、袋からブラシを出し、穂先に付いた粉を柄の部分を軽くたたいてはたき落として櫛掛けします。

パウダーを取り替えて同じ事を何度かくり返しパウダーに色が移らなくなったら、軽くティッシュオフして、また更に丁寧に櫛掛けしておいて下さい。

どうしても水洗いしたい場合
水洗いした方が確かにキレイにはなりますし、清潔ですので、水洗いの方法をご紹介いたしますが、方法によってはブラシを傷めてしまいますので、必ず以下の事をお守りください。
どうしても水洗いしたい場合はぬるま湯でやさしくすすいで下さい。

コップなどの容器に水を入れて、中で振り洗いします。(写真5)

汚れが落ちにくい場合は固形せっけんやボディシャンプーのような刺激の少ない物でで洗ってください。

洗浄後リンスをしていただくと尚良いです。
後は、毛先を手でしぼりながら形を整えて陰干しします。目の粗いコームで毛先からゆっくりとかすのも良いです。

どうしても水洗いしたい場合はぬるま湯でやさしくすすいで下さい。
ぬるま湯で水洗い

このとき、毛先が下向きになるよう逆さにつるして乾かすと根本もしっかり乾かす事ができます。下向きが無理な場合は横に寝かせてください。(写真6)上向きに干すと金具の中に水が溜まってバクテリア発生などの温床になり抜け毛、切れ毛の原因になります。

3日は必ず乾燥させてください。
乾燥しきらないうちにご使用になると毛を痛めますので、充分乾かしてからご使用下さい。

3日程経ったら、もう一度くしをかけてからお使い下さい。
横に寝かせて乾燥中
横に寝かせて乾燥中
リップブラシのお手入れ
リップブラシについてはティッシュでふき取るだけで十分にキレイになります。水洗浄はなるべくご遠慮して下さい。 リップブラシについてはティッシュでふき取るだけで十分にキレイになります。
市販のブラシクリーナーなどについて
市販のブラシクリーナーや、シンナー、アルコール入りの洗剤は絶対にはご使用にならないで下さい。
ご使用になると毛を染めている染料が落ちたり、毛を固定している接着剤が溶け、毛が抜け落ちる可能性があり、毛切れや抜け毛の原因にもなります。洗剤を使いたい場合は必ず固形せっけんかボディシャンプーなど刺激の少ないもので洗ってください。
また、当店公認の化粧筆専用のシャンプーができました。

こちらをお使いいただくのが失敗いらずでオススメです。

当店公認の化粧筆専用シャンプーなら安心!
汚れたブラシが簡単にきれいになってふわふわの洗いあがり!
ブラシの収納について
一番良いのは、ほこりと日光を遮断できる箱や引き出しに、寝かせた状態で、毛先が圧迫されてクセが付いたり逆毛になってしまわないように余裕を持って寝かせて収納する方法(窮屈だと逆効果です)ですが、ペンスタンドのようなものに穂先を上にして立てておくのも手軽です。(ただし、ホコリが付かないようにフタ付きのもをお勧めします。)
直射日光は大敵!
直射日光に当たると毛が弱り、寿命を早めてしまいます。なるべく日光の当たらない暗いところで保管してください。
~お手入れ方法のまとめ~
ポイント
 櫛掛けはマメに(丁寧に)
● 水洗いはなるべく避ける
● どうしても水洗いしたい場合は、3日間は風通しの良いところで陰干し
● 日光を当てない
以上、長くご愛用いただけるようお手入れ方法をご紹介いたしました。
色々と手間はかかりますが、お手入れも丁寧にしていただくと愛着もわき、より大事にしていただけます。お値段もそうお安いものではありませんし、いつまでもご愛用いただけるととても嬉しいです。(コスメ堂より)

コスメ堂の人気商品

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日

ご注文はインターネット上で24時間・365日受付しております。
日曜・祝日、及び休業日は、商品の発送もお休みさせていただいています。

モバイルサイト
メルマガ登録

ページトップへ